新型コロナウイルス感染症対策

 新型コロナウイルス感染症への感染予防対策として流行が終息するまで、登園前にお子様と送迎される保護様に検温の実施して頂き、体温が37.5度以上の場合又は新型コロナウィルスの感染が疑われるような症状が生じた場合は、休園をお願い致します。
 なお、同居している御家族の中で、発熱、倦怠感、咳、味覚障害等、新型コロナウィルスの感染が疑われるような症状が生じた場合つきましても、速やかに医療機関を受診いただき、症状が十分に回復するまでは、厳に登園を控えていただくようお願い致します。
 発熱に関しましては、解熱後24時間が経過してからの登園となります。
 新型コロナウイルス感染症で検査が陽性の場合又はその方と濃厚接触者となられた場合は、陰性になられてから2週間が経過してからの登園となります。

(1)緊急事態宣言について

 5月25日緊急事態宣言が解除されました。これに伴い、登園自粛につきましても、5月31日で終了しました。
6月1日より通常保育となりますが、衛生管理の徹底をしましても、子どもたちに3密を徹底させる事は困難ですので、その事を十分にご理解をいただき、引き続きお休みできる環境にあるご家庭は、より安全なご家庭でお過ごし下さいますようお願いします。
なお、保育料の減額措置につきましては、6月も引き続き継続する事になっております。

(2)登園自粛した場合の保護者負担金の取り扱いについて
 登園自粛した場合には、日割り計算が適用されます。口座振替を選択されている場合は、減額前の金額で一旦指定口座から引き落とされ、後日同口座へ減額分を還付します。
なお、登園自粛が終了する6月につきましても、保育料の減額は継続されます。